西川壽麿(文化プロデューサー)


総合文化研究所 代表、「西川家」総合文化研究所 代表
書の文化研究所 代表、日本文化フォーラム事務局代表、安曇野文化サロン代表


おもな流れ(文化プロデュース関係以外は割愛しております)

◎1980年~「文化」「コンセプト」の設計手法の確立と表記作法の普及
o 日本語認識コンピュータ開発「日本語文法解析プロジェクト」(研究者有志)コーディネーター
o 「インテリジェント・インフォメーション研究会」(松下電器産業 浜谷新氏ほか日本IBM ・富士通・日本航空他研究担当者有志)コーディネーター
o マルチクライアント調査「高度情報化社会における新事業機会を探る」(日本能率協会総合研究所編集・発行)コーディネーター
o 「1990年のニューサービス業600 」(日本能率協会総合研究所マーケティング・データ・バンク発行/ 須藤慎一・西川壽麿共著)
o 「ビジネスマンのための相互啓発勉強会」の会員制メーリングリストを設置
o 松下興産(株)開発室(吉松昇理事)文化部門シンクタンカー、「妙高パインバレー計画」など

◎1990年~ 地域・都市経営の探求。IT活用による文化資源管理・文化経営手法探求と普及
o 日建設計・都市経営フォーラム講演・講師、講演録「認識論で都市経営を通観す」(同事務局発行)
o TBS「関口宏のサンデーモーニング」新春特番『日本人の可能性』出演者・スタッフ向け講演・講師
o 小田急建設TQC大会記念講演・講師「21世紀のまち・ひと・未来」コーディネーター
o 長野県・雇用促進事業団、社団法人 長野県建設業協会 主催「建設雇用改善推進大会」記念講演・講師「お金のかからない人材確保作戦」
o テレビ朝日「海江田万里のパワフルサタデー」コメンテーター
o TBS「アフタヌーンショー」コメンテーター
o Web「みんなの総合文化研究所 maro Japon」をプロデュース(~2000)
o おわら風の盆」(富山県)プロデュースのための歴史資料制作(TVプロデューサー大谷哲郎氏よりの依頼)
o 全国48大学就職部「マルチメディア就職研究会」'95.9第1回よりコーディネーター(主幹議論座長)(インプレス、ワンバイワンほか/於、労働省リンクホール) ※大学に於けるパソコン普及の突破口を就職部に求めた。
o 西川壽麿監修「女子大生のための就職手帳」(あさ出版)発行
o 「大学生就職応援セミナー『全国テレビ会議で就職応援』」コーディネーター(ワンバイワン主催/文化放送ブレーン、日本大学ほか。タカラベルモント社赤坂スタジオより全国8カ所を結ぶ)
o 日本能率協会における「大学職員のためのインターネット入門」コーディネーター兼主幹講師
o 「マルチメディア時代の文化キャスター養成講座」中日文化センターに設置・講師
o 「有明山神社」(安曇野市有明)の神楽殿修復記念として格天井絵カラー書籍を企画プロデュース

◎2000年~ コンテンツ素材およびFS対象としての「日本文化」への精通と、世界への発信
o 三鷹市国際交流協会「環境フォーラム」(牛山泉教授ほか)コーディネーター
o 「建築設計資料81『旅館』」(建築資料研究社)執筆協力
o 日本文化フォーラム(無料)の開催(2009.5.30時点で184回を数える)
o 千年後に伝えたい日本の文化遺産「小倉百人一首への誘い」英語版絵はがきの制作・発行
o 立教観光クラブ「外から見た観光業」(ホテルグランパシフィックメリディアン)コーディネーター
o 西川壽麿著・西川秋象書「おじいさんおばあさんとお孫さんのための『日本の文字いろは』」制作・発行
o 旅行博「シンポジウム これからの観光業」(お台場ビッグサイト)コーディネーター
o 「江戸城再建を目指す会」(小竹直隆理事長)文化顧問  ※保科正之の遺徳を世界に伝える
  ○ 「瞑光業」(C.2.2007. Toshimaro Nishikawa)の提唱
  ○ 伝統木構造の会総会にて講演「数学立国日本の歴史」
  ○ 平城遷都1300年(2010年)向け「平成聖徳太子塾」のコンセプト設計


2010年〜 地球と長く付き合う上での責任国・文化対話国としての情報発信
  ○ 平城遷都1300年(2010年)向け「平成聖徳太子塾」開催
  ○ 「笛の音(ね)を聴く会」創設と、第一回コンサート開催
  ○ 保科正之生誕400年(2011年)に備えた防災イベントの計画立案
  ○ 「伝統を未来につなげる会」文化事業プロデュース
  ○ iPad活用旅行事業コンセプトの設計