2009年「日本文化フォーラム」その他、終了行事

■第175回

   1月8日⽊⃞ 午後2時~4時半
  穂高神社ご遷宮記念「天皇の料理番・安曇氏」関連シリーズ①

   
古代日本の外交レセプション会場
   「大郡(おおごおり)」と呼ばれた古代外交公庁舎・饗宴施設のご紹介


■第176回

  1月21日⽔⃞午後2時~4時半
  穂高神社ご遷宮記念「天皇の料理番・安曇氏」関連シリーズ

   古代日本の高級ホテル
  「難波館(なにわのむろつみ)」と呼ばれた外交官用高級ホテルのご紹介

■第177回
 2月11日⽔⃞午後1時~2時半(会場:穂高神社参集殿)

   西川秋象先生追悼シリーズ②
  
  思い出される書の教え
  ※ 書の周辺文化研究団体「安曇野書道研究会」メンバーによるリレー講演

■第178回
  2月19日⽊⃞ 午後2時~4時半
  王朝かな書道史
  高野切(こうやぎれ)第一種系の古筆

読書会+歓談+名刺交換会(要予約. 参加費:千円、テキスト代込)
『NOTO能登・人に知られぬ日本の辺境パーシヴァル・ローウェル(十月社)
1月14日⽔⃞ ・2月25日⽔⃞ 午後2時~4時
                     会場:ギャラリー風雅(松本市両島1-7-3)


■第179回
王朝かな書道史②
2009/03/11 14:00ー16:30

■第180回
三十六歌仙に親しむ①
   2009/03/18 14:00ー16:30
■時代先取りゼミ
いま改めて17Cからの世界史を振り返る
2009/03/20 19:15ー21:00

日本の中世に探る持続可能社会のビジネスモデル
2009/03/22 19:15ー21:00

■常設研春休み発表特集
「(心地)覚心」研究所…京都妙光寺との関わり
  2009/04/07 14:00ー15:30

「京都 西川家」研究所…南禅寺・東福寺との関わり
   2009/04/14 14:00ー15:30

「西川秋象」研究所…神社幟作品の紹介
   2009/04/21 14:00 2009/04/21 15:30

「尾上柴舟」研究所…文筆彬々の境地
   2009/04/28 14:00ー15:30

「角屋(松本氏)」研究所…松本氏と筑摩神社
    2009/03/10 14:00ー15:30

「角南隆(すなみたかし)」研究所…20代のアメリカ渡航で得たもの
   2009/03/12 14:00 ー15:30

「ホテル・旅館の文化」研究所…江戸馬喰町の公事宿
   2009/03/19 14:00ー15:30

「藤原公任」研究所…「三舟の才」逸話(『大鏡』)の詳細

「コンセプト設計史」研究所…飛鳥京のコンセプト


■第181回
近江牛ーその文学と歴史ー
2009/04/08 14:00ー16:30

■第182回
三十六歌仙に親しむ②
2009/04/15 14:00 2009/04/15 16:30
■第183回
王朝かな書道史③
2009/05/10 14:00ー16:30

■第184回
三十六歌仙に親しむ③
   2009/05/18 14:00ー16:30

■第185回
中世「商人の巻物」①
2009/06/08 14:00ー16:30

■第186回
三十六歌仙に親しむ④
2009/06/15 14:00ー16:30
■第187回
中国でベストセラー、
山岡荘八著『徳川家康』を改めて読む①
2009/06/17 14:00ー16:30
テキスト:徳川家康〈1 出生乱離の巻〉 (山岡荘八歴史文庫) (文庫)~26巻まで
出版社: 講談社 (1987/10)
ISBN-10: 4061950231
ISBN-13: 978-4061950238
■第188回
中国でベストセラー、
山岡荘八著『徳川家康』を改めて読む②
2009/07/08 14:00ー16:30
■第189回
中国でベストセラー、
山岡荘八の『徳川家康』を改めて読む③
2009/07/15 14:00ー16:30
■第190回
中国でベストセラー、
山岡荘八の『徳川家康』を改めて読む④
2009/07/22 14:00ー16:30
■第191回
和歌で辿る南朝57年①
2009/08/12 14:00ー16:30
■第192回
和歌で辿る南朝57年②
2009/08/19 14:00ー16:30
■第193回
和歌で辿る南朝57年③
2009/08/26 14:00ー16:30
■第194回
和歌で辿る南朝57年④
2009/09/09 14:00ー16:30
■第195回
ウォルター・ウェストンと小島烏水①
2009/09/16 14:00ー16:30
テキスト:『日本アルプス―登山と探検 』(平凡社ライブラリー)
ISBN-10: 4582760945
ISBN-13: 978-4582760941

■第196回
ウォルター・ウェストンと小島烏水②
2009/09/23 14:00ー16:30
テキスト:『日本アルプス―山岳紀行文集』 (岩波文庫)
ISBN-10: 4003113519
ISBN-13: 978-4003113516

■第197回
幕末海外交流シリーズ
遣米使節団
1860年(万延1)日米修好通商条約批准書交換のため、外国奉行の新見正興を正使とし派遣。小栗忠順らも居た。米国側迎船ポーハタン号の護衛艦として咸臨丸には木村喜毅、勝海舟が…。

2009/10/15 14:00ー16:30

■第198回
幕末海外交流シリーズ
開市開港延期交渉使節団
文久元(1861)年12月、開市開港の5年間の延長を求めてヨーロッパに外国奉行竹内下野守を正使とする使節団を派遣
2009/10/15 14:00ー16:30

■第199回
幕末海外交流シリーズ
幕府オランダ留学生
先進国の軍事技術・学問修得のため、文久2(1862)年優秀な幕臣と職人をえりすぐってオランダに派遣
2009/10/16 14:00ー16:30

■第200回
幕末海外交流シリーズ
横浜鎖港談判使節団
1863年外国奉行池田筑後守を派遣。パリの医学研究所を訪問。翌年7月横浜港に帰国

2009/10/21 14:00ー16:30

■第201回
幕末海外交流シリーズ
幕府イギリス留学生
イギリスの諸学術を研究させるため14名を派遣。慶応2(1866)年10月横浜を出帆、同年末にロンドンに到着。
2009/10/22 14:00ー16:30

■第202回
幕末海外交流シリーズ
薩摩藩英国留学生
薩摩藩は、幕府の鎖国令を犯して、慶応元年(1865年)15名の留学生と4名の使節団を英国に派遣。
2009/10/26 14:00ー16:30

■第203回
幕末海外交流シリーズ
長州藩英国留学生
文久三年(1863年)、井上馨、伊藤博文、井上勝、山尾庸三、遠藤謹助の五人が英国に密航、自費留学。
2009/10/28 14:00ー16:30

■第204回
幕末海外交流シリーズ
1867年、第2回パリ万国博覧会に参加
幕府及び薩摩藩・佐賀藩が出品。水戸藩の徳川昭武、渋沢栄一らがパリに赴く。
2009/10/29 14:00ー16:30
■第205回
聖徳太子シリーズ
聖徳太子と信貴山
太子と毘沙門天との出会い
2009/10/30 14:00ー16:30
■第206回
安曇氏シリーズ
日本書紀の中の安曇氏

2009/10/31 14:00ー16:30

■第207回
細井平洲の門人たち
山村蘇門
2009/11/5 14:00ー16:30

■第208回
細井平洲の門人たち
上杉鷹山
2009/11/15 14:00ー16:30
■第209回
太平記に親しむ
足利高氏
2009/11/25 14:00ー16:30
■第210回
太平記に親しむ
新田義貞
2009/12/5 14:00ー16:30
■第211回
太平記に親しむ
楠木正成
2009/12/15 14:00ー16:30
■第212回
太平記に親しむ
後醍醐天皇

2009/12/17 14:00ー16:30

■第213回
太平記に親しむ
佐々木道誉

2009/12/19 14:00ー16:30